Web会議で働き方が変わった 
暮らしが変わった 自分が変わった

2018.05.19

実際にWeb会議の資料を請求!比較してみたら意外なことが分かった

288

    Web会議を提供している会社はたくさん。検索してホームページを見てはみるものの、見れば見るほど差別化が難しくなって迷ってしまう、という状態になる人は多いと思います。そんなときは、とりあえず行動してみること!第一歩は「資料請求」です。そこまでするのはまだちょっと……という皆様に、私が実際に各社へ資料請求して比較した感想をレポートします。

    比較する5社のWeb会議システムについて

    私の独断と偏見で選んだ5社のWeb会議システムですが、選定理由がちゃんとありますのでご説明しておきます。

    LiveOn(ライブオン)
    選定理由:「Web会議」で検索して1番目に表示されたので。これはハズしちゃいけないですよね。

    V-CUBE(ブイキューブ)
    選定理由:「Web会議」で検索して上の方に表示され、「シェアNo.1」の文言が目に入ったので。No.1に弱い。

    OmniJoin(オムニジョイン)
    選定理由:ITトレンド年間ランキング2017Web会議」のカテゴリー総合第1位だったから。やっぱりNo.1に弱い(笑)。

    RICOH Unified Communication System(リコーユニファイドコミュニケーションシステム)
    選定理由:RICOHって会社、知ってる!と思ったので。安心感があるかなと。

    Fresh Voice(フレッシュボイス)
    選定理由:「Web会議」で検索していると、いろいろなサイトで名前がチラホラ。ホームページが他と違ってカジュアルな雰囲気がしたので、そういった感じも入れておこうと思いました。

    資料請求をした後の反応

    資料請求だけだし、メールがくるだけだろうと勝手に思っていたんですが、電話がかかってくることもあるんですね。何も考えなしで資料請求できる会社と、利用状況を想定していないといけない会社がありました。

    〈電話なし〉

    OmniJoin(オムニジョイン)
    カタログがホームページからすぐダウンロードできます。今回の比較対象の中で唯一、こちらの情報を何も入力する必要のない方法で資料請求ができました。気楽でいいですね。Web会議にちょっと興味あるくらいの人は、ちょうどいいと思います。

    RICOH Unified Communication System(リコーユニファイドコミュニケーションシステム)
    資料請求フォームの入力は必要ですが、入力必須の項目は少なめ。メールで届いたURLからダウンロードするだけです。こちらも気楽な部類に入ると思います。

    〈電話あり〉

    LiveOn(ライブオン)
    私の勤める会社の近くに拠点があるそうで、「直接資料をお持ちして、そこで操作しながらのご説明もできます」とのこと。メールの内容からも、しっかり対応いたします。という印象を受けました。申し込む側にも、それに応えるだけの意気込みが必要かと。

    V-CUBE(ブイキューブ)
    種類がいくつかあるようで、海外での使用の有無や、何拠点を結びたいかなど質問されました。具体的に決めていなかったので、「海外でも使うかもしれません」とすごくあやふやに答えるしかなく、申し訳なかったです。こちらも、「直接資料お持ちします」パターンを提案されました。ちなみに、事例などWeb会議についてのメールがよく送られてくるように……

    Fresh Voice(フレッシュボイス)
    まず、「資料請求を承りました」という旨のメールが来て、その後3日間ほど放置されてからの急な電話。他と違ったので、ちょっとびっくりしてしまいました。そして、反応が遅かったわりに強めの「直接資料お持ちします」アピールがあり、その熱量は1番。ツンデレ感に戸惑いました(笑)。

    今回はとりあえず行動してみただけなので、訪問はすべてお断りしています。

    資料の内容と読んだ感想

    LiveOn(ライブオン)
    「カタログ」と「ご提案書」をダウンロードできるURLがメールで届きます。ボリューム多め。全部読むのはちょっと大変ですが、イラストで分かりやすくつくられているので、読みにくいことはないと思います。

    V-CUBE(ブイキューブ)
    「ご紹介資料」をダウンロードできるURLがメールで届きます。ボリューム多め。写真でシンプルな説明です。システム的な説明もあり、知識がある人には、なるほどと思える内容なのでしょう。知識がない人(私)には、なんとなくしか理解できず。

    OmniJoin(オムニジョイン)
    「カタログ」をホームページからダウンロード。ボリュームは少なめですが、料金形態や知りたいことをすぐ確認することができます。ホームページがカテゴリーごとに分かれていて見やすいので、詳しいことはホームページで確認すればいいなと思えます。

    RICOH Unified Communication System(リコーユニファイドコミュニケーションシステム)
    「導入ガイド」をダウンロードできるURLがメールで届きます。ボリュームは少なめ。実は私、ホームページを見てもシステムがよく分からなかったんです。だから資料に期待していたのですが、読んでスッキリ!とはなりませんでした(理解力が乏しくてすみません)。

    Fresh Voice(フレッシュボイス)
    今回唯一の郵送で、「カタログ一式」が届きました。この点でも他と違ったので、またびっくり。カタログは読みやすかったですが、一緒に送られてきた「テレビ会議システム導入事例集」が重々しい。カジュアルなホームページのイメージとは違ったんだなと勉強になりました。

    完全に私個人の感覚ではありますが、資料請求だけでも各社の傾向や特徴みたいなものがなんとなく掴めたように思います。最初はどれも同じに見えたのに、それぞれ意外と個性があることが分かりました。これを参考にして、皆様にも「資料請求」という第一歩を踏み出してもらえたら嬉しいです!

    ブラザーのWeb会議システムOmniJoin
    Bitnami