Web会議で働き方が変わった 
暮らしが変わった 自分が変わった

2018.05.19

コレを選んでおけば大丈夫!人気のオススメWebカメラ3選

422

    Amazonプライムで映画を見ていると、たまーにいきなり画像が荒くなって映像がカクカクに。でもまったく見えないわけじゃないし、しばらくしたら戻るし、と耐えて耐えて……戻ったときの感動!世界ってこんなにキレイだったの!?見えればいいってもんじゃないことに気づく瞬間です。画質は大事!つまり、Web会議もカメラにこだわるべきってことで、オススメのWebカメラをご紹介します。

    Webカメラを選ぶ第一歩「視野角」

    Webカメラは、撮影された画像をリアルタイムに送信することができる機器です。最近では、PCやスマートフォンに内蔵されているものも増えてきました。11なら内蔵されたカメラでもなんとかなりますが、多人数になるとそうはいきません。画質もさることながら、視野角が狭いからです。視野角の広いカメラなら、カメラの位置が変わらなくてもより広い範囲を映すことができます。映らなければ、高画質も無意味!まずは、視野角の広さをチェックすることがWebカメラを選ぶ第一歩です。

    画質は分相応で

    画質については、画素数の多いHD(ハイビジョン)画質以上に対応するWebカメラを選びたいところ。最近では4K対応のWebカメラも出ています。しかし当然、高画質を求めるほどに価格も高額に。ここはコストとのバランスを考えて、使い方に見合ったWebカメラを選んでください。

    その他のおさえておきたいポイント

    地味ですが、「設置のしやすさ」も重視したいところ。ポジショニングってなかなか難しいんですよね。三脚対応型のWebカメラなら、ドンと置いて、簡単に目線の高さにできますし、会議中にズレてくるという心配はまずありません。

    Webカメラには、ほとんどの製品にマイクも内蔵されています。ですが、やっぱり「カメラ」なので、音質にこだわるなら「スピーカーフォン」を使うことをオススメします。

    参加人数別にご紹介!Web会議にオススメの「スピーカーフォン」

    人気のオススメWebカメラ

    〈画像は公式サイトより引用〉

    Logicool(ロジクール) C930EC930ER
    視野角が90°あり、多人数のWeb会議に適したモデルです。高度な圧縮技術のH.264によって圧縮時間が短縮され、パソコンへの負荷が軽減。高速なアップロードを可能にしています。これより安価なWebカメラがあるため、価格がちょっと高いと感じるかもしれませんが、スペックやフルHD対応ということを考えるとバランスの取れた商品と言えます。

     

    〈画像は公式サイトより引用〉

    BUFFALO(バッファロー) BSW200MBK
    120°の視野角。多くのWebカメラが6070°ほどなのを考えると、どれだけ広いかが分かりますね!ネックも動かせるので、これなら見切れる心配はほぼありません。ドライバのインストールが不要で、USBコネクターで接続するだけでつながります。価格も超お手頃で、とにかくコスト重視!って方にはオススメです。

     

    〈画像は公式サイトより引用〉

    Microsoft(マイクロソフト) LifeCam Studio (ライフカム スタジオ)Q2F-00021
    こちらもフルHD対応。高精度ガラスレンズを使用しており、画質はクリアでシャープです。アームが左右に半回転するので360度全方位を映すことができ、10cm~無限大のオートフォーカスもできます。カメラの位置は変えずにさまざまなものを映したいときに活躍しそう。Microsoftの製品なので、Windowsとの相互性はばっちりです。

    たくさんのWebカメラが市場には出回っています。その中でも、名の知れたメーカーで人気の「Logicool(ロジクール)」「BUFFALO(バッファロー)」「Microsoft(マイクロソフト)」からオススメをご紹介しました。これを選んでおけば、スムーズWeb会議ができるはず!

    ブラザーのWeb会議システムOmniJoin
    Bitnami