Web会議で働き方が変わった 
暮らしが変わった 自分が変わった

2018.07.30

Web会議で使える、お手頃で使いやすいヘッドセット教えます!

166

    以前、ヘッドセットについての記事を書きましたが、思ったより種類が多くヘッドセットとは?という説明だけで終わってしまいました。種類は多いし、それぞれ商品も多いし、結局どれを選べばいいのか教えてよ!という皆さんの声が聞こえる(気がする)ので、今回はWeb会議にオススメの使いやすいヘッドセットのご紹介をしたいと思います。

    Web会議を快適にするアイテム「ヘッドセット」について学ぼう

    ヘッドバンドタイプのヘッドセット

    有線のヘッドセットには、「USB」と「ピンジャック」の2つの接続方法があります。パソコンでよく使うUSBはアナログ信号を使用しないのでノイズが入りにくいですが、一般のオーディオ機器類にはまだあまり装備されていないため、オーディオ機器に利用できない可能性が高いんです。ピンジャックはその逆で、オーディオ機器にも利用できますが、パソコンで使う場合はアナログ信号を使用するのでノイズが入りやすくなります。ビジネスで使うなら、やはりノイズの入りにくいUSBがオススメですね。

    ワイヤード(有線)のヘッドバンド
    Logicool(ロジクール)H390 USB COMPUTER HEADSET

    USB接続タイプ。ソフトウェアのインストールいらずで、接続すればすぐ使えます。ノイズキャンセリング機能も付いていて、基本的なスペックは十分な上に、値段がお手頃です。なのにレザー調イヤークッションが備わっていたり、見た目が安っぽくない感じがステキ。

     

    ワイヤレス(無線)のヘッドバンド
    Logicool(ロジクール)H600ワイヤレスヘッドセット

    こちらも安定のロジクール製品。パソコンから10m離れても会話できることを謳っています。右のイヤーカップに音量調節やミュートできる機能、そしてノイズキャンセリング機能付き。有線のものより値段が上がりますが、ワイヤレスとこのスペックでの値段と考えれば申し分ない製品です。

    イヤホンタイプのヘッドセット

    ※「イヤホンマイク」の方が伝わりやすいので、ここからはそう呼びます。
    持ち運びがしやすく、外でつけていても違和感のないイヤホンタイプは、外出先でWeb会議に参加するときなどに適しています。iPhoneユーザーは、付属のイヤホンマイクを使っている人が多いのではないでしょうか。私も持っているので使うこともありますが、すぐ耳が痛くなるんですよね〜。ここではお手頃で、つけ心地のよいものをピックアップしてみました。

    両耳タイプのイヤホンマイク
    SoundPEATS(サウンドピーツ)Q12

    フィット感抜群の耳かけ型。イヤーピース、イヤーフックともにS・M・Lのサイズが付属しているので、自分に合ったものを選んで使えます。あまり馴染みのないメーカーかもしれませんが、Bluetoothイヤホンマイクでは人気の機器です。同じような価格で、よく知らないメーカーのものを買うなら、こちらを選ぶとよいのでは。安さと安心が両立したオススメ製品です。

    片耳タイプのイヤホンマイク
    Plantronics(プラントロニクス)M70

    こちらもワイヤレス。耳に本体をつけるだけで、コードが一切なく、軽量で快適!モノラルなので音楽を存分に楽しむのには不向きですが、この開放感はテンション上がります(笑)。音質は大丈夫なんだろうかと心配になりますが、問題なし。サイズが変えられないので装着感に個人差はありそうですが、「他社のを使ってみたけどやっぱりこれがよかった」という人が多いみたい。

    ワイヤレス製品が多くなってしまいましたー。ワイヤレスはワイヤードよりノイズが入りやすいですが、iPhone7以降ピンジャックが消えましたし、これからはBluetoothを使うことが前提のワイヤレス製品が定着していきそうな予感がします。時代の流れや使用する状況を考慮して、自分にぴったりのヘッドセットを選んでくださいね!

    ブラザーのWeb会議システムOmniJoin
    Bitnami