Web会議で働き方が変わった 
暮らしが変わった 自分が変わった

2018.08.16

Zoomミーティングについて知りたい!メリット・デメリットから考える最適なWeb会議とは

388

    働き方改革が進む中、Web会議はどんどん活発化しているように思います。最近、よく目にするようになったのが「Zoomミーティング」というWeb会議システム。どんなものなのか気になります!今回は、Zoomミーティングの印象やメリット、デメリットについてご紹介します。

    よい意味でシンプル!悪い意味で不親切!

    Zoomミーティングのホームページは、シンプルすぎてちょっと戸惑うほど。トップページの目立つアイコンは「サインアップは無料です」と「今すぐ購入」のみです。押しが強い(笑)。機能についての詳細も、短い箇条書きで淡々としている感じが外資系らしいな~という印象でした。無料だから、大丈夫だから、とにかく使ってみて!ってよく知らないヤツに言われても、コワイ。と思うのは私だけでしょうか。全然目立たない小さな文字をクリックしていくと、詳細がわかってきました。

    Zoomミーティングには、「基本」、「プロ」、「ビジネス」、「企業」の4つのプランがあります。「基本」プランは無料で、ホームページで「サインアップは無料です」アイコンの横にメールアドレスを入力して、指示に従いアカウントを作成・インストールするとすぐ使用可能に。これでいいのかな~なんて思いながら操作しているうちに、使えてしまう簡単さが魅力ですね。

    メリットだらけかと思いきや、やっぱりあったデメリット

    さらに魅力的なのは、ホスト側がZoomミーティングをインストールしていれば、招待したい相手がZoomミーティングをインストールしていなくても会議ができるところ。ゲスト側は、ホストからメールで送られたURLをクリックするだけで会議に参加でき、衝撃的なラクさです。その他にも画面共有ができたり、録画ができたり、無料なのにWeb会議をする上で重要な機能がついています。

    使い勝手は、ホームページと同様でシンプル。なんとなくはわかるんですが、わからない人のことはあまり考えていない感じもするような……。あとは、最大100人まで参加できるっていうところもポイントですね。これで無料だなんて!でも、デメリットもないわけがなく、「基本」プランには時間制限があり、グループミーティングは40分までしかできないとのこと。たいていの会議って1時間ですよね?40分って、会議の場があたたまってきて終盤に差し掛かるあたりの、流れを止めたくないところ。ここで通信が切れてしまっては、時間やその他にも大切な何か(ひらめきとか)をロスしてしまいそうです。招待された側になって考えてみると、40分で通信が切れたとしたら、あっお金払ってないんだ~と心の中で思ってしまいそうです(すいません)。接続先へ迷惑もかけたくないし、仕事で無料のプランは正直使えないですね。では、有料のプランはどうでしょうか。

    有料なら「プロ」か「ビジネス」プラン

    すべてのプランに初期費用はありません。ライセンス制で、「プロ」プランは1ライセンス$14.99。ピンとこなかった人のために、ものすごーくざっくり日本円で表すと、1,600円前後です。年間契約すると、2ヶ月分の割引が適用されます。お~なかなかやるじゃないか!これで時間制限はなくなり、「基本」プランの機能に加え、録画したデータがクラウド上に保存できるようになるなどの便利機能がつきます。

    「ビジネス」プランは1ライセンス$19.99。こちらも年間契約すると2ヶ月分の割引が適用されますが、最低10ホストからの契約という制約もついてきます。「プロ」プランにはない、専用電話サポートが「ビジネス」プランにはついているのが嬉しいと思ったのですが、どうやら米国にかけることになるようです。日本語で相談できないなら、このオプションはほぼ無意味ではないでしょうか。少なくとも私には無意味です(断言)。仮に、どうしようもなくなって電話をかけたとして、通話代は一体いくらになるのか……想像しただけで恐ろしい!

    どちらのプランも追加費用を出せば、参加者を500人まで増やすことができ、追加オプションのオンラインセミナーシステム「ウェビナー」と併用して使えばさらに用途が広がりそうです。「企業」プランは、1ライセンス$19.99なのですが、最低100ホストからの契約……。これだと低価格のメリットが薄まるので、実際に使用するなら「プロ」か「ビジネス」プランになりそうですね!

    価格は記事作成時の価格です。

    調べてみると、利用者が増えるのも納得のWeb会議システムでした。でも、やっぱり気になるのがサポート面。しっかりとした知識や語学力がある人にはメリットだらけに見えるかもしれませんが、私のような凡人は不安を感じてしまいます。原因不明のトラブルが起こったとき、説明が下手な私の話を辛抱強く聞いて、解決策を考えてくれたサポートセンターの人にどれだけ助けられたことか。そんな人も包み込んでくれるような、国内でのサポートがしっかりしているWeb会議システムがいいなぁと私は思ってしまいました。

    例えば、ブラザーのOmniJoin(オムニジョイン)はZoomミーティングと同じく初期費用がなく低価格ですが、国内でのサポートがついているんです。周りが使ってるから、なんとなくよさそうだから……と流されず、自分や会社の優先順位を念頭に置いて選び抜いたものが、最適なWeb会議なのだと思います!

    ブラザーのWeb会議システムOmniJoin
    Bitnami