Web会議で働き方が変わった 
暮らしが変わった 自分が変わった

2018.10.30

Web会議システムは最強の営業ツール!?その活用法をご紹介します!

94

    ビジネスにおいて、スピードやタイミングが大事な場面は数多くあります。例えば、営業スタッフが取引先へ訪問したとき、お客様から専門外のことを聞かれたため「詳しいことは後ほどご連絡します」と返答を先延ばしすると、「それならいいや」と言われてしまったり。そんな場面で、もしWeb会議システムを利用できたとしたら……。今回は、営業スタッフが少ないチャンスをものにするためのWeb会議システム活用方法を考えてみました。

    会議だけじゃない!ピンチの時に頼れるツール

    Web会議システムを導入していれば、営業スタッフは外出先でパソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末から会社にサポートを依頼することができます。お客様から専門外の質問や取引条件について細かな部分を聞かれて困ったら、サッと端末を取り出しWeb会議に接続。専門知識を持っている人から直接、身振り手振り付きの説明を受けられるんです。まるで、ピンチになったら助けてもらえる仲間がいつもそばにいるようですね!

    知識と経験が必要な自社の製品紹介にも活躍

    製品カタログを使っての製品紹介の場合、営業スタッフが開発スタッフ並の知識を身につけて説明したいと思っても、なかなか難しいですよね。わからないことが出てきてしまったとき「会社に戻って確認します」も堅実ですが、その場で開発スタッフに聞くことができればそれがベスト!Web会議なら、お客様と営業スタッフが同時に情報を得られて、疑問が出てきたときにもすぐ質問することができます。

    また、Web会議を使えば、重たい製品カタログや資料、提案書などを常に持ち歩かなくても済むという利点も。最低限のものだけ持っておけば、その他は必要になったとき社内のスタッフにお願いして、Web会議経由で手持ちの端末に表示することができますからね。重い荷物に無駄な労力を取られなくて済む!

    商談成立のカギを握るWeb会議

    お客様の要望で、営業だけでは判断できなくなるような商品の仕様変更や価格についての要望が出た場合、Web会議を利用すれば、その場で上司や開発スタッフに交渉の場へ入ってもらうことができます。「鉄は熱いうちに打て」ということわざがあるように、スピードは商談成立の確率をアップさせる重要なポイント。ここぞというときにWeb会議システムは大いに役立ってくれるはずです!

    業務の効率化の他に、新人スタッフの育成などにも活用できるWeb会議システムは、最強の営業ツールと言えそう。でも、その効果をきちんと発揮するためには、社内でいつでもサポートできる体制をつくっておくことが大切です。そして、誰でも簡単に利用できて品質のよいWeb会議システムを選ぶことも!オススメのWeb会議システムはランキングにしてありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

    ブラザーのWeb会議システムOmniJoin
    Bitnami